バスケに興味がない人でも知らない人はいない。
バスケの神様『マイケルジョーダン』

 

私はスラムダンクが好きでバスケに少し
ハマった時期があるのですがマイケルジョーダンは
やはり別格ですね。

 

彼は色んな名言を残してるのですが基本的に
原稿を用意したりすることなく長いスピーチやインタビューに臨んでいたらしいです。

 

それにも拘らず、心に残る言葉を多く残しました。
バスケ以外にもあてはまる言葉が多いのも注目です。

 

私が好きな名言を以下に紹介しておきます。

 

・10本連続でシュートを外しても僕はためらわない。 
次の1本が成功すれば、それは100本連続で成功する最初の1本目かもしれないだろう。

 

・高校時代は代表チームの選考から漏れた。
9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ、決勝シュートを任されて26回も外した。
人生で何度も何度も失敗してきた。 
だから私は成功した。

 

・もし自分の弱みとされる部分に立ち向かわなければならなくなったら、
僕はそれを強みに変えるやり方で乗り越えてきたんだ。

 

・何かを始めるのは怖いことではない。
怖いのは何も始めないことだ。

 

・成功は、やみくもに追い求めるものじゃない。
それに向かってたゆまない努力を重ねるものだ。
そうすれば、成功は思いがけない時にやって来る。
それがわかっていない人が多いんだ。

 

素晴らしい名言の数々です。
この人柄だからこそ多くの人に愛され続けたのでしょう。